体重増加不良

育児あれこれ
三姉妹が箱入り息子を育てます!

実はここ2週間ほど、気がかりなことがありました。長男の体重増加不良です。6~7ヶ月健診に行かなきゃいけないと思いながら、コロナで後回しにしていてようやく8ヶ月も越えた2週間前に行ったのですが、そこで体重増加不良を指摘されました。

小児科の先生が「測定ミスじゃないの?再検して!」と言うほどで、成長曲線を大きく外れており、問題視されてしまいました。私は同様の指摘を次女の時もされていた経験もあり、「またか…」と気持ちが沈みました。

「離乳食はしっかり食べていますが、母乳だけでは足りないのですね。人工乳を足します。」と言ったら「ホルモン異常の可能性もありますから、2週間後にまた再受診すること!そこで体重増加していなかったら、大学病院に紹介しますから。」と厳しく言われ、今週再受診してきました。そこで何とか体重増加していてホッとしました。

いきなり成長曲線から大きく外れて息を呑んだ
次女の。デジャブかと思った。

もちろん人工乳を足しても増えなければ大学病院受診も覚悟していたけれど、三女の受診付き添いがきつかった記憶があり「できれば大学病院受診は回避したい」のが本音だったので心底嬉しかった!検査入院などがあるかもしれないし、その調整を考えただけで頭が痛かったので。

とは言え、油断は禁物。2週間後に再受診ですから、また気合い入れて体重増加に努めます。(私自身は体重減少を目指していますが…)

さて、次女の体重増加不良を指摘され、人生初の人工乳を買いに行ったとき、ドラッグストアで泣いてしまいました。「母乳も出せない母でごめんなさい」と落ち込んで…母乳神話に縛られていたのですね。

我が子の体重増加不良を指摘されて凹んでいるママ達へ。どうぞ気にしすぎないで。色々周りに言う人がいても、自分がどんなに不甲斐なくても、子どもの体重増加が軌道に乗ると、子どもはふっくら可愛くなるし、だんだん気持ちが軽くなりますよ。小さかった次女と長男も大きくなっていますよ。大丈夫です。

生まれたての長男と次女
本日の長男と次女。二人とも大きくなってる!

ちなみに、人工乳は本当に便利になりました。私は元々「ほほえみ」のキューブを愛用していますが、ついに日本でも作られるようになった液体ミルクは携帯用に神レベルに楽です。かなり高価ですが。

商品情報|「明治ほほえみ」の公式サイト
明治ほほえみの商品情報を紹介しています。「らくらくキューブ」「らくらくミルク」「明治ほほえみ」など使い方に合わせて選べる豊富なバリエーションをご用意しております。

私は大阪の夫に会う際、新幹線移動中でも人工乳を作っていました。できるだけ荷物を減らすために、キューブと哺乳瓶を持ち歩いていましたが、お湯は持ち歩いていませんでした。水筒は重いし、お湯はけっこう色々なところで入手可能だからです。授乳室はもちろん、コンビニのカップ麺用のお湯を拝借(カップ麺の取り扱いが無い店にはお湯もありません)、カフェで自分がコーヒーを頼むついでにお湯をもらう、うどん屋などのセルフ飲水機のお湯をもらう、など。でも液体ミルクはそれも必要ないから、ほんと楽。旅行のお供には最適だと思います。

風呂上がりに着替えてミルク飲ませて三姉妹の寝室に長男を放置していたら4人で寝てくれたので、これからはこの方法でいこうかな。

三姉妹が箱入り息子を育てます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました