半沢直樹と杉田水脈

私見

半沢直樹の最終回で、白井亜希子大臣に良い意味で裏切られました。国民のために、正義のために、体を張って戦う姿はカッコ良かった!!

ところで私は以前、半沢直樹の登場人物のモデルを勝手に予想して楽しんでいました。

この中で白井大臣のモデルも色々考えていたのですが、最終回を見ながら「予想が外れちゃったな」と思いました。こんなクリーンで信頼できてカッコイイ人とは思ってなかった(笑)!

元アナウンサー
記者会見の演出
キレキャラ

改めてモデルについて考えていましたが…「もしかして、杉田水脈さん?」と思い当たりました。

信念を貫く強さとしなやかさ

杉田議員は今、とても大変そうです。女性蔑視の発言をしたらしい…という真偽不明な情報に躍らされ、議員辞職を求める署名騒動にまでなっています。がしかし、会議の録音がないなら本当に発言があったかどうかはわかりません。だから批判がこんなに起こることが不思議でなりません。

杉田議員は自身のブログで発言内容についてこのように説明しています。

「一部報道における私の発言について」 | 杉田 水脈(すぎた みお)オフィシャルブログ

まず、報道にありましたような女性を蔑視する趣旨の発言(「女性はいくらでも嘘をつく」)はしていないということを強く申し上げておきたいと存じます。

私が出席しておりました内閣第一部会・内閣第二部会合同会議では、男女共同参画の来年度要求予算額についての説明がありました。

男女共同参画の要求額が今年度の2倍となっており、その中で「女性に対する暴力対策」への比率が高かったことを受け、以下のような内容の発言をいたしました。

かねてより申し上げているように、私は女性への暴力はあってはならず、許されない犯罪だと考えており、暴力を振るった加害者はきちんと罰せられることで再発を防ぐべきであり、その為には警察の関与と連携は不可欠であると考えています。

被害者が民間の相談所に相談をして「気が晴れました」で終わっては、根本的な解決にはなりません。

警察の中に相談所を作り、女性警察官を配置することで敷居を下げ、相談しやすくすることができるのではないか、また、それが警察における女性活躍にも繋がるのではないかということを申し上げました。

また、慰安婦問題と女性に対する暴力は全くの別問題ではありますが、一方で民間団体の関与という点においては、韓国の挺対協が「聖域」になってしまって、長年誰も切り込めなかった期間の公金の不正利用などの問題が次々と発覚していることもあり、日本でも同じ問題が起こる可能性を懸念する声もあります。

新規事業として民間委託を拡充することだけでは、女性の人権を守り、暴力問題の解決をのぞむ世論と乖離するのではないでしょうか、という趣旨の意見を申し上げました。

繰り返しになりますが、女性蔑視を意図するような発言はいたしておりませんことを改めて主張いたします。

杉田水脈オフィシャルブログより

これのどこが女性蔑視なんでしょう?むしろ女性を守るための建設的な意見で、とても心強いと思いましたが…

私は「聞きかじって理解力が無かった参加者の誰かが、テキトーなこと言ったんじゃないの?」と流していたけれど、他の方々の発信を見ると、確信犯的な嫌がらせではないかと思うようになりました。

これは鋭過ぎたのかアクセス制限がかかっています

むむ?そんなお金目的の意図があってのことなの?

橋本聖子大臣が「残念」と発言したとあるけれど、これも前後の流れがわからない。切り取られているのかな?

問題発言として報道されたから「残念」と結論付けるのではなく、本当に問題発言があったのかどうかの精査から、自民党は取り組んで欲しいと思います。もし発言が無かったのなら、マスコミを挙げての名誉毀損というか、社会的リンチではないかと危惧しています。

それも今回は、国会質問や記者会見などのオープンで記録を残す場ではなく、与党内でのクローズな会議での発言とのこと。いくらマスコミが世論を煽ったからと言って、これで自民党が杉田議員を切り捨てるようなことがあれば、自民党の信用は地に落ちると思います。天下の自民党が、そんな恥ずかしいことしないでいただきたいです。

半沢直樹のドラマの中では、白井議員は進政党を離党しましたが、杉田議員はそんなことになりませんように!悪徳政治家や権力に屈しないで!

というわけで、生まれて初めて自民党本部にメールしてみました。自民党のみなさん、よろしくお願いします。お時間のある方は、よかったらご意見を送っていただけたらと思います。

自民党へのご意見フォーム | ご意見フォーム | 自由民主党

コメント

タイトルとURLをコピーしました