新型コロナウイルスに屈しないために

新型コロナウイルス
マスクはなかなか付け忘れるよね…

「新型コロナウイルスについてブログを書いてくれ」と複数の方から声をかけていただきましたが、毎日新しい情報が出て変化している今、確信めいたことを書くのは非常に難しいと感じています。そのため、2月27日までに得られた情報を元に、現時点の私の意見を書いていきます。そのため、この見解は今後変わる可能性があることをご了承ください。

2月25日に政府より「今後2週間がヤマだ。なんとか乗り切れるように集会等は自粛してくれ」と指針の発表がありました。その二日後の2月27日には「3月2日からは全国の公立小中高校の休業を要請する」との発表で号外まで出る騒ぎになりました。要するにこれは政府からの「非常事態宣言」なのだと理解しています。

さて、私は主に情報を得るソースとして村中璃子さんのnoteを愛読しています。

村中璃子 Riko Muranaka|note
医師・ジャーナリスト/ 命にかかわるフェイクニュースに傷つかないために。

いつも読み応えがありますが、今は本当に精力的に高頻度に発信されているので、一ヶ月読み放題コースがオススメです。

新型コロナウイルス、パンデミック|村中璃子 Riko Muranaka|note
2019年末、中国から始まった新型コロナウイルスのパンデミック(世界的流行)について、誰よりもどの記事よりも正確に解説します。

私が最近Facebookに投稿したのは村中さんが2月26日にワイドスクランブルに出演されたときの概要です。2月25日に発表された政府の指針について説明しています。

~~~

・検査して欲しい患者さんを全て対応できるキャパシティはない。重症患者に絞ってやるべき。できないことはできないと、政府も国民に我慢させることをもっと説明するべき。(←コメンテーターより政府の指針に該当する知人が検査してもらえなかったとの話を受けて)

・風邪症状などのうち0.02%しか陽性所見は出ない。(→「つまり99.9%陰性?思ったより安心していて良いのですね」とコメンテーターより。)

・また感染初期から急に症状が重篤化するわけではないので、4日待っていいという判断。

・回復した人のほとんどは軽症のまま回復した。

・今まで隔離目的に検査していたが、今後は早期にクラスターを見つけるため…に移行する。

・満員電車を不安視する声があるが、密室内の飛沫感染よりも怖いのは手すりや吊革などによる接触感染。とにかく手洗い。自分の手が綺麗なら感染しないはず。

~~~

この後も村中さんがFacebookで「マスクパニックはやめよう。基本は手洗い。」と言う呼びかけをされています。私は「自分の手が綺麗なら感染しない」という村中さんの言葉を気に入って子どもにも呼びかけているところです。

2月27日にBS日テレ「深層NEWS」に出演された際には、他のコメンテーターの方々と熱い議論を交わしておられたので以下に覚え書きを記載していきます。村中さんの発言のみならず、他のコメンテーターの方の発言も混ざっています。(松川るいさん、寺嶋毅さん、飯塚恵子さん)

  • 政府はこの1~2週間をヤマとしている。全国でボヤが起きているが、それを鎮火できるのか、それとも山火事の事態になるかの瀬戸際だ。3月2日からの全国の小中高校の一斉休校の要請は、人が多く集まるのを徹底的に防ごうという意図がある。これは政府から国民へのショック療法のようなもの。非常事態であることを広く知らしめる意図があるのではないか。
  • しかしながら一斉休校はナンセンスではないか。現在報告されている中で、学校で集団感染が起きた事例はないし、子どもから大人に感染した事例もない。また、学校を一斉休校することで、社会生活がうまくいかない。医療資源を重症患者に集中させるという方針があるのに、医療現場の体制が揺らぐような政策ではないか。また、学校現場で大流行が起きているわけではないのに休校に踏み切るということは、一体なにがどうなれば休校を解除するのかの基準が曖昧だ。
  • 大阪府のウイルスに感染した女性が陰性から陽性に転じた症例では、ウイルスが再燃した可能性がある。発症から感染しなくなるまでの期間がよくわからない印象はあるが、他のコロナウイルス(SARS、MERSを含め)の例をみてもいつまでも感染力があるわけではないだろう。
  • (アメリカは早期に中国への渡航禁止を打ち出しているが、日本も禁止するべき?)→禁止するとすれば、多くの人が来日する春節前が最適なタイミングであっただろうが、今から渡航禁止にしても効果は限定的。日本の経済界とも密接に関与している部分であるので、判断は難しい。
  • 【各国の動きを検討】アメリカが予算25億ドルを計上(←医療が全土に行き渡っていない実情がある)。韓国は教会で特殊なお祈りをしたことで広まった。また、検査をどんどんしているので感染者数は今後も増える可能性あり。イタリアが医療施設で新型コロナを前提として感染予防策が徹底できていなかったことで広がった。イランは実際に診療に当たっていた医師が記者会見をするなどの混乱が広がっている。世界でそれぞれ事情が違うので、一概に良いとか悪いとかは言えない。中国は感染地域の封鎖や72時間のうちに巨大な医療施設を建てるなど、「がんばっています」という宣伝外交も功を奏している印象だが、同様の対策を講じられる国はほとんどないだろう。「中国はよくやっている」という宣伝外交を、少しは日本も見習って、海外向けに発信するべき。
  • 本来であれば子どもではなく大人の集まりを制限したいし、大規模イベントの自粛を要請したい。また医療資源を重症患者に集中させることを徹底する必要がある。
  • よく「日本は感染者数を増やさないために検査を渋っているのではないか」という指摘があるが、その「氷山の一角説」を明確に否定するエビデンスが中国から発表されている。武漢でインフルエンザ様の症状を呈する人(何が原因かわからない人)をサンプリング検査して原因を調べたところ、ピーク時は49%が新型コロナ陽性だったが、今は0.02%まで低下している。はっきりとした症状がある患者を検査すれば、ある程度はその広がりを把握することができる。実際と大きく乖離することはないだろうとWHOも2月26日に発表した。
  • 医療崩壊をさせないことが重要。今の日本の医療水準、医療体制であれば必ず乗り切れる。そのために重症患者をうまくコントロールする必要がある。

~~~

とりあえず今日はここまで。

今日は保育園が預かってくれたけれど、今後は保育園も休業になったら、私も発信する余裕はなくなるかもしれません。でも何とか、日本の誇りを持って乗り切りたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました