旅行に行く前に

新型コロナウイルス
恐怖の「第二波」は来るの?来ないの?

今日2020年7月22日からGoTo政策が始まります。緊急事態宣言、移動自粛、観光業の自主休業…などで辛かった自粛生活を思い出すと隔世の感がありますが、そうは言っても不安がある人は多いと思います。

GoTo政策に関する報道は、批判一色のようですが、冷めた目で見ていると面白い。「スピード感が無い!遅い!」と批判されて急いでまとめたかと思えば「見切り発車」、「強硬な姿勢を崩さない」と批判したかと思えば、国民の不安に寄り添って東京除外など柔軟に変更をしたところ「二転三転」と批判…。

「大変だなぁ。私なら総理大臣とか絶対になりたくないな…」と感じ、投げ出さずに政治を続けてくださり、キャンセル料まで補償しようという優しい安倍首相に感謝しかありません。

さて、よく聞かれる「感染者数が広がっているのに旅行させようなんて、安倍首相はどうかしちゃったの?」と言う疑問ですが、安倍首相は現在の「東京で感染者数が増えている」というのを問題視していないのではないかと思います。

そもそも新型コロナウイルスに限った話ではないですが、多くのウイルスと共存してきた歴史から考えると、いわゆる「集団免疫」説について今後はしっかり考えなければいけないのだろうと思います。

奥村康先生(順天堂大学医学部免疫学特任教授・アトピー疾患研究センター長)のお話がとってもわかりやすいです。

奥村康/最後は「集団免疫」しかない〈抗体保持者が人口のうち一定割合になれば、コロナ禍は自然と収束に向かう〉――文藝春秋特選記事【全文公開】(文春オンライン) - Yahoo!ニュース
 新型コロナウイルスとの戦いで、人類は苦戦を強いられていますが、最初に宣言しましょう。この戦いは必ず人類が勝利します。これは間違いありません。  ただ、勝利までの道筋は幾通りかあり、辿る道によって

集団免疫については流行当初から囁かれていましたが「そうは言っても、新型コロナって怖いし、かかりたくない!」と私も考えていたのですが、日本で感染爆発が起こらなかったこと、現時点でうまくコントロールできている現状をみると、この説以外では腑に落ちません。

(小川榮太郎さんのFacebook投稿より)

7月21日発売の『WiLL』9月号で上久保靖彦京都大学教授との対談「新型コロナ 第二波は来ない」が発表いたしました。上久保教授は血液・腫瘍内科のみならず、免疫学、検査学の専門家。今回は、新型コロナの全体像、今後の予測、正しい対応を大変分り易く語っていただきました。第二波に備えよという『文藝春秋』に対し、どちらが正しいかは何も秋を待たず、丁寧に読み比べていただければわかると思います。少なくとも日本の専門家が2月から7月まで頓珍漢な事を公言し続けている中で、エピカーブ、死者数、世界各国、アメリカ各州のリスクスコアを極めて高水準で当て続けてきたのが上久保―高橋教授チームです。

上久保先生の動画はこちら。1時間くらいあるのでWi-Fi環境での視聴がオススメです。オンライン講義のようで面白いです。

特番『衝撃!日本では既に”集団免疫が達成”されている!?』ゲスト:京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻ビッグデータ医科学部門 特定教授 上久保靖彦氏

上久保先生の説は安倍首相もご存知とのことです。安倍首相もこの説を支持したから、現在の政策が行われているのかなと考えると、非常に理解しやすいです。

旅行に行く前に不安になったらぜひ目を通してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました