クレヨンしんちゃんと小学生

好きなこと

小学校の当番で下校時の交通整理をしていたところ、いがぐり頭の男子小学生が近寄ってきて「こんにちは!」と挨拶してくれた。礼儀正しい子だなと感心して「こんにちは。気をつけて帰ってね!」と返すと、数分後に自転車にまたがって戻ってきて「また会いましたね!」と近寄ってきた。

「おぉ〜!早いね!家が近いの?」と言うと「まぁね…また会うかもね!」と去って行った。なんかクレヨンしんちゃんを小学生にしたみたいな子だなぁ…と思った。


ちなみにクレヨンしんちゃんといえば、レンタルビデオ屋さんで借りた映画が期待以上に面白くて、少しずつ借りて見ている。家でも見ていたらベビーシッターさんに「あの…クレヨンしんちゃんの妹さんって何歳ですか?」と聞かれた。「いつもハイハイしてるから、0歳かな…どうして?」「いや、いつまでも大きくならないとと思って…」と言われて吹き出しそうになった。

逞しい赤ちゃん、ひまわり!


「サザエさんも永遠に24歳だし、のび太も永遠に小学生だし!マンガの設定は成長しないですよ〜!!」と大笑いしたくせに、自分も小学生のクレヨンしんちゃんを想像してしまうなんて!私も大概やな。

ちなみにクレヨンしんちゃんの映画の挿入歌で大好きだったのがこの歌。便秘に苦しむみさえさんが排便の喜びを歌にしています。いいなぁ、こうやって生きたら楽しそうだ!!

クレヨンしんちゃん「出た出たの歌」

コメント

タイトルとURLをコピーしました